RCC RLAY!

ひろしま戦前の風景 50.八丁堀周辺
[50]Hacchobori Area

昭和15年(1940年)ころ 撮影:松浦貞美氏
提供:松浦功氏/広島市公文書館 広島市中区胡町

前半は広島市を代表する繁華街の一つである八丁堀。
被爆建物として今も使用されている福屋デパートの外観は現在とほとんど同じで、その前を路面電車や自動車そして馬車が走る。
映像内の看板に「奉祝大展覧」とあることから、撮影時期は紀元2600年を記念した行事が多く行われた昭和15年(1940年)ころと思われる。
後半は当時路面電車の白島線が敷設されていた京口門通りから福屋方面を撮影。白島線は戦後、東側の白島通りに移設された。
参考資料:2013/04/29 RCCニュースより
Filmed circa 1940 (Showa 15) by Sadayoshi Matsuura
Original film courtesy of Isao Matsuura and Hiroshima Municipal Archives
Ebisu-cho, Naka Ward, Hiroshima City
The early part of the footage records Hacchobori, one of Hiroshima City’s foremost commercial districts. Trams, automobiles, and horse-drawn carriages are shown travelling past the Fukuya Department Store building, which survived the atomic bombing and looks outwardly unchanged today. The film is thought to date from around 1940, because of billboards associated with events to commemorate the 2,600th anniversary of the commencement of Emperor Jimmu’s reign. The second half of the footage, showing Fukuya and its neighborhood, was shot from Kyoguchimon-dori, where the Hakushima tram line used to be. Hakushima Line was moved east to Hakushima-dori after the war.
Reference: RCC News, broadcast on April 29, 2013

RCCテレビ60年特別配信『ひろしま 戦前の風景』

ピックアップ