RCC RLAY!

ひろしま戦前の風景 11.泉邸
[11] Sentei Garden

昭和13年(1938年)ころ 撮影:吉岡信一氏 提供:広島市公文書館 中区上幟町

「泉邸」は回遊式日本庭園「縮景園」の別称。江戸時代に藩主浅野家の別邸として作られ、大正2年から市民にも開放された。昭和15年、浅野家が広島県に寄付、さらに一般に親しまれるようになった。この映像にはその縮景園の池の鯉や植物、池の中央の虹跨橋、くつろぐ人々などが撮影されている。
Filmed circa 1938 (Showa 13) by Shinichi Yoshioka
Original film courtesy of Hiroshima Municipal Archives
Kaminobori-cho, Naka Ward
Popularly referred to as Sentei Garden, the Japanese stroll garden Shukkeien was laid out in the Edo period as part of the villa belonging to the Asano clan, lords of the Hiroshima domain. The garden was opened to the public in 1913, and was donated to Hiroshima Prefecture by the Asano family in 1940, becoming even more frequented by the visiting public as a result. The footage shows the garden’s pond and Kokyo-kyo Bridge spanning the middle of the pond, carp, plants, and people relaxing and enjoying themselves.

RCCテレビ60年特別配信『ひろしま 戦前の風景』

ピックアップ