RCC RLAY!

2019サンフレッチェキャンプ情報

動画配信期間2019年27日(木)~226日(火)予定

2019年2月7日 次世代エースが躍動 狙うは開幕スタメン

サンフレッチェ最新情報

次世代エースが躍動 狙うは開幕スタメン

クラブ史上初の赤いトレーニングウェアで始まった、指宿キャンプ。
そのれぞれのポジションでスタメンをつかむための競争が繰り広げられます。
城福監督がこの2次キャンプで求めているのは、「ゲーム感」「ゲーム体力」そして「チーム間競争」。
チーム作りとメンバー選考を兼ねた試合形式の練習が多く組まれています。

若手で頭角を現しているのが、去年、ユースで日本一を経験したミッドフィルダーの東 俊希。
スタメンを勝ち取るためには、この2次キャンプが勝負だと話します。

世代別日本代表を経験した次世代エース候補は、昨シーズンのJリーグ地元最終戦で 高校3年生ながらデビューを果たしました。

2次キャンプ最初の練習試合では、左サイドハーフでスタメン出場。
東が得意とするサイド攻撃の場面では左足から精度の高いクロスを上げます。

この試合を動かしたのは東のコーナーキック。先制点を演出しました。
さらに、高校生離れしたフィジカルも見せつけます。
相手2人に囲まれるもボールをキープ。強味をアピールできた前半でした。
後半は、より中央での攻撃参加が求められるシャドーで出場。
東にとって経験の浅いポジションで課題も見つかりました。

今年から1トップに挑戦しているサンフレッチェ。
1枠を争うフォワードのアピールも過熱しています。

スタメン候補筆頭のパトリックを脅かそうと2次キャンプでひときわ異彩を放つのが渡 大生です。
去年、西日本豪雨を経験し、サッカー選手としての考え方が変わりました。

サンフレッチェ2年目の今シーズン、渡はフォワードへのこだわりを押し殺し、トップ下のポジションにも挑戦。
監督から攻撃と守りの切り替えを評価されています。

渡は練習試合で後半から登場すると、すぐにチャンスが巡ってきます。
「いい感じでボールを奪えた」という状況の中、冷静にゴール。
少ないチャンスでしっかりと結果を出し、フォワード争いにしっかり食い下がります。

激しい競争の中でアピール合戦となっている2次キャンプ。
城福監督も手ごたえを感じています。

4年ぶりの頂点を目指すサンフレッチェ。 今年はこの競争からニューヒーローが誕生するかもしれません。

バックナンバー