RCC RLAY!

ひろしま戦前の風景 70.桜と尾道鉄道

昭和12年(1937年)ころ 撮影:小川民蔵氏 尾道市土堂など

桜満開の季節、尾道鉄道の女学校前駅(尾道市栗原東)から市駅(同御調町)まで行き、散る桜花の下でお弁当を食べ、散策する家族たちをとらえた映像。
尾道駅と御調町を結んだ尾道鉄道は、尾道から県の北部を連絡し、更には島根県までつなぐ…という壮大な計画のもと大正末期に開業。この地域の住民にとっては唯一の足となっていたが、戦後はバス路線が伸びたために乗客を奪われ、昭和39年(1964年)に廃止となった。
参考資料:2000/10/08 RCCテレビ「20世紀広島あのとき」

RCCテレビ60年特別配信『ひろしま 戦前の風景』

ピックアップ