RCC RLAY!

ひろしま戦前の風景 66.加藤友三郎銅像除幕式

昭和10年(1935年)11月3日 提供:加藤健太郎氏 広島市南区比治山公園

加藤友三郎は広島市出身の海軍軍人で、日露戦争の日本海海戦に連合艦隊の参謀長として参加。第一次大戦後は、ワシントン海軍軍縮条約を締結させ、日本の財政危機を救ったとされている。その後、広島県出身者として初の総理大臣に就任したが、在任中に病死した。
比治山公園に軍礼装姿、等身の約2倍で建てられた銅像の除幕式には数千人が集まり、祝賀会も催された。熱狂のうちに建設された加藤総理の銅像は、第2次大戦中の金属回収令で兵器を作るために供出され、今は台座だけが残っている。
参考資料:RCCニュース 2013/10/19放送より

RCCテレビ60年特別配信『ひろしま 戦前の風景』

ピックアップ