RCC RLAY!

ひろしま戦前の風景 64.比治山御便殿ほか

昭和初期 撮影:中野代吉氏 広島市南区比治山公園ほか

広島市を見渡せる小高い比治山にあった御便殿は、日清戦争時に西練兵場(現広島市中区基町周辺)に設けられた明治天皇の休憩所を移設したもので、広島城内の大本営跡とともに広島の観光名所の一つであった。
映像にある瓦葺の大きな屋根は風雨を防ぐ覆いの建物で、御便殿はその中にあり、明治天皇の御真影、椅子や敷物などが収められていた。周囲には神馬の銅像や大鳥居、石灯籠などがあった。御便殿は原爆で倒壊、現在は石灯籠だけが場所を移転して残り、広場として整備されている。
映像には、撮影者の住まいがあった鍛冶屋町(現中区本川町)、かごめかごめや羽根つきをする親族の子どもたち、御便殿、広島東照宮、鶴羽根神社がある。晴れ着や遊びなどから撮影は正月ごろではないかと思われる。
参考資料: 「大正時代の広島」広島市郷土資料館 2007年

RCCテレビ60年特別配信『ひろしま 戦前の風景』

ピックアップ