RCC RLAY!

ひろしま戦前の風景 59.「三郎の瀧」より
[59]From “Saburo no Taki”

昭和8年(1933年)ころ 提供:前川浩氏 府中市府中町

約30mの滑り滝は自然が作ったウォータースライダー。大人も子供も岩の斜面をジェットコースターさながらに滑り降り楽しめる。中には勢い良く滑り過ぎてパンツを破ってしまう人もあるとか。
周辺は滝すべりの夏だけでなく、秋には紅葉スポットとして広島県内そして県外から多くの観光客が訪れる。この地で滝すべりが始まったのは、昭和の始め頃と言われている。
動画には、褌姿などのコスチュームで滝すべりを楽しむ人々の姿が収められている。
参考資料:RCCニュース 1992/09/10放送
Filmed circa 1933 (Showa 8)
Original film courtesy of Hiroshi Maekawa
Fuchu-cho, Fuchu City
The roughly 30-m section of Saburo no Taki waterfall is formed like a natural water slide, where both adults and children can enjoy body sliding down the rock-formed slopes. Overzealous sliders can damage the bottoms of their swimsuits. The area is popular not only in summer for water sliding but also in autumn when colorful leaves attract tourists from Hiroshima Prefecture and beyond. It is said that water sliding in Saburo no Taki began in the early Showa era. The footage shows people, fundoshi-clad and otherwise, enjoying water sliding down the falls.
Reference: RCC News, broadcast on September 10, 1992

RCCテレビ60年特別配信『ひろしま 戦前の風景』

ピックアップ