RCC RLAY!

ひろしま戦前の風景 58.「昭和三年九月陸軍検疫状況」より

昭和3年(1928年)9月 提供:中国放送 広島市南区似島町

宇品港4km沖合にある似島に設置された検疫所の陸軍兵士帰還業務を紹介した記録映画で、総尺は28分。
似島の検疫所は1895年(明治28年)、日清戦争から帰還した兵士に対して伝染病の検疫・消毒を行うため、国内3ヵ所の一つとして設置された。一日に数千人の規模で検疫可能な大規模施設であった。
原爆投下直後、検疫所には臨時野戦病院が開設されたが、患者数と惨状は現場の予想をはるかに超えるもので、被災者と家族や知人を探す人々であふれた。
参考資料:ウェブサイト「平成15年度第2回企画展」平和記念資料館 2004年

RCCテレビ60年特別配信『ひろしま 戦前の風景』

ピックアップ