RCC RLAY!

ひろしま戦前の風景 49.妹背の滝で水遊び
[49]Splashing About at Imose Waterfall

昭和15年(1940年)ころ 撮影:松浦貞美氏
提供:松浦功氏/広島市公文書館 廿日市市大野

妹背の滝はJR山陽本線大野浦駅から徒歩で約30分の距離にある。
下方の雌滝は50m、上方の太い雄滝は30mの落差がある豪快な滝で、現在でも都市部近郊でありながら水遊びが出来る行楽地である。
映像には、滝での水遊び、帰りの田舎道、おそらく山陽線と路面電車を乗り継いで帰ったのであろう、電停に近い京口門通りを自宅に向かって歩く家族の様子が写っている。
Filmed circa 1940 (Showa 15) by Sadayoshi Matsuura
Original film courtesy of Isao Matsuura and Hiroshima Municipal Archives Ono, Hatsukaichi City
Imose Waterfall is 30 minutes on foot from Onoura Station on the JR Sanyo Main Line. The lower waterfall, called Medaki, has a vertical drop of 50 m, and the upper, broader waterfall Odaki has a drop of 30 m. The dynamic waterfall is still a popular spot for cooling down in summer, not least because it is within easy traveling distance from urban areas. The footage records a family day out at the waterfall, and the rural scenery on the way home. The family is shown walking home via Kyoguchimon-dori, suggesting that they had taken the Sanyo Line and tram.

RCCテレビ60年特別配信『ひろしま 戦前の風景』

ピックアップ