RCC RLAY!

ひろしま戦前の風景 48.「五日市 於 中島亭」より
[48]From “At Nakajimatei in Itsukaichi City”

昭和11年(1936年)5月17日 撮影:中野代吉氏 広島市佐伯区海老山(かいろうやま)町

明治30年(1887年)ころ、海老山周辺に五日市海水浴場が開設、山陽鉄道開通後は潮湯、蒸し風呂、旅館や料亭も出現し多くの行楽客で賑わった。
映像にある「中島亭」は、大正期に開設された和洋料理の料亭兼旅館である。当時を知る人によると、楽々園が出来るまでは、広島市中心部から遠くに遊びに行くと言えば、海老山の公園か、地御前の海水浴公園であったという。
戦後、海老山は公園としてさらに整備され、四季を通じ地域の憩いの場所になっている。
参考資料:「広島県の歴史絵はがきと観光資料」 広島県立文書館 2010年
Filmed May 17, 1936 (Showa 11), by Daikichi Nakano
Kairoyama-cho, Saeki Ward, Hiroshima City
Itsukaichi Bathing Beach opened around 1887 near Kairoyama. After the arrival of the Sanyo Railway, the area received large numbers of visitors, who came for the saline springs, steam baths, inns, and restaurants. Nakajimatei in the footage was an inn and restaurant serving Japanese and Western fare, established in the Taisho era. Locals born before the war recall that before Rakurakuen opened, the park at Kairoyama and the sea bathing park at Jigozen were the most popular day trip destinations from central Hiroshima City. The park at Kairoyama was expanded and improved after the war, and continues to provide year-round pleasure to the local community.
Reference: Hiroshima Prefectural Archives, Hiroshima-ken no Rekishi Ehagaki to Kanko Shiryo [Hiroshima Prefecture’s Historical Postcards and Tourism Materials] (2010)

RCCテレビ60年特別配信『ひろしま 戦前の風景』

ピックアップ