RCC RLAY!

ひろしま戦前の風景 35.「恐羅漢山」より
[35]From “Mount Osorakan”

昭和16年(1941年) 撮影:金田民夫氏 提供:広島平和記念資料館 山県郡安芸太田町

県内最高峰の恐羅漢山(1346m)にある恐羅漢スキー場は、34.の吾妻山スキー場と同じく昭和初期に開発された。
当時は日本における最南端の本格的スキー場で、昭和11年(1936年)の第1回西日本滑降大会ほか、戦前は4回の県選手権競技大会が行なわれた。
映像には、正月休みを利用し、恐羅漢山の林の中で山スキーを楽しむ男女の姿、そして県内では珍しい樹氷の様子などがとらえられている。
現在スキー場周辺は、キャンプ場やトレッキングコースなどが整備され、四季を通じてアウトドアスポーツを楽しめる場所になっている。
参考資料 「とごうち 写真で見るあゆみ」 戸河内町 1986年
Filmed 1941 (Showa 16) by Tamio Kaneda
Original film courtesy of Hiroshima Peace Memorial Museum
Akiota-cho, Yamagata-gun
Osorakan Ski Resort, located on Hiroshima Prefecture’s highest peak Mount Osorakan (1,346 m), opened in the early Showa era, at around the same time as Azumayama Ski Resort shown in [34]. It was the country’s southernmost fully equipped ski resort, and hosted four prefectural championships before the war, as well as the first western Japan downhill championship in 1936. The footage shows men and women enjoying backcountry skiing on the wooded slopes of Mt. Osorakan, and rime-covered trees, a rare sight in Hiroshima Prefecture. Today there are campsites and hiking trails where the ski resort used to be, offering year-round outdoor leisure facilities.
Reference: Togochi-cho, Togochi: Shashin de Miru Ayumi [History of Togochi Town through Photographs] (1986)

RCCテレビ60年特別配信『ひろしま 戦前の風景』

ピックアップ