RCC RLAY!

ひろしま戦前の風景 32.廿日市駅など
[32]Hatsukaichi Station and Other Scenes

昭和13年(1938年) 撮影:栄花文造氏 廿日市市廿日市

冒頭にある「廿日市信用組合」は明治43年に設立、町域で金融事業を行なっていた。
次に映る「はつかいちえき」は広島瓦斯電軌(現広島電鉄)の電車駅で、駅舎は大正13年(1924年)竣工、広島電鉄の電車駅では唯一現存する木造の駅舎だったが、駅前整備事業などのため、2012年10月以降に解体が予定されている。
参考資料 「廿日市町史 通史編(下)」 廿日市町 1988年
Filmed 1938 (Showa 13) by Bunzo Eika
Hatsukaichi, Hatsukaichi City
Hatsukaichi Shinyo Kumiai (lit. Hatsukaichi Credit Union), which appears at the beginning of the footage, was established in 1910 to provide banking services to the local community. The footage also shows Hatsukaichi Station on the Miyajima Line operated by Hiroshima Gasudenki (today’s Hiroshima Electric Railway). Completed in 1924, the station building was for a long time the company’s only surviving wooden-built station. It was demolished in October 2012 to make way for redevelopment.
Reference: Hatsukaichi-machi, Hatsukaichi-machi-shi Tsushihen Gekan [A Comprehensive History of Hatsukaichi Town, Last Volume] (1988)

RCCテレビ60年特別配信『ひろしま 戦前の風景』

ピックアップ