RCC RLAY!

ひろしま戦前の風景 31.自宅での大道芸人

昭和5年(1930年)ころ 撮影:田部華吉氏 庄原市東本町

撮影者の親族の話では、戦前は正月などに自宅に大道芸人を招き、獅子舞などを楽しむ家庭が多く、「今の子供たちはそのようなものを見る機会がなく残念」と語っていた。
映像では獅子舞のほか、日本古来の球や棍棒を使ったお手玉、軽業や曲芸などの大道芸が披露されている。
参考資料 RCCニュース 2001/10/30放送より

RCCテレビ60年特別配信『ひろしま 戦前の風景』

ピックアップ