RCC RLAY!

ひろしま戦前の風景 30.「観音グランド大競馬」より

昭和2年(1927年) 撮影:藤井重一氏 広島市西区南観音

観音グラウンドは大正8年(1927年)に開設、木製スタンドを備え野球も行なわれていたという。
昭和2年(1927年)に公設競馬場が安佐郡深川村(現広島市安佐北区深川)が観音グラウンドに移転し、ここで広島競馬が行なわれるようになった。
映像には競馬が始まった年の賑わいの様子が記録されている。しかし敷地が狭いことなどから、昭和6年(1931年)、広島競馬はわずか2年で宇品町の中国グラウンドに移転し、観音グラウンド跡地は、現在観音中学校の敷地となっている。
参考資料 「広島の競馬場」 広島市郷土資料館 2010年

RCCテレビ60年特別配信『ひろしま 戦前の風景』

ピックアップ