RCC RLAY!

ひろしま戦前の風景 27.「鞆への遠乗り乗馬会」より

昭和初期 撮影:橘高寿人氏 福山市鞆町

昭和初期、機材が高価であるため、動画撮影は限られた人の趣味だった。
そんな時代、福山市の名士たちの間で、フランス生まれの小型ムービーカメラ「パテベビー」が爆発的な人気を呼んだ。
同好会も生まれ、共同でアマチュア映画も作るほど。そのため福山市周辺には、まとまった昭和初期映像が現存している。
この作品は、「パテベビー」の販売代理店主が撮影したもので、当時を知る人によると、福山市から鞆への馬の遠乗りは日曜ごとに行なわれ、映像中の騎乗者は、軍や警察、福山市の幹部たち。
一行は馬を駆って福山市草戸町の「銭取橋」(現草戸大橋)を通り、沼名前(ぬなくま)神社に参拝、鞆の町並みを歩いて「常盤(ときわ)館」(場所は現在の鞆シーサイドホテル)でくつろいでいる。
参考資料:RCCニュース 1995/08/15放送より

RCCテレビ60年特別配信『ひろしま 戦前の風景』

ピックアップ