RCC RLAY!

ひろしま戦前の風景 15.「可部町付近の名所」より

大正15年(1925年)9月 撮影:藤井重一氏 安佐北区可部町

可部町に住む撮影者が、周囲の見どころを撮影したもの。可部町の商店街、軽便民間鉄道時代の可部駅、可部線を走る蒸気機関車、船入堀(現在は埋め立てられ明神公園)、高松橋などが撮影されている。可部は河川・陸路とともに交通の拠点として栄えた宿場町で、船入堀は船の係留地だった。
参考資料:「大正時代の広島」 広島市郷土資料館 2007年
協力:新澤孝重氏

RCCテレビ60年特別配信『ひろしま 戦前の風景』

ピックアップ