RCC RLAY!

2020カープ春季キャンプ情報

動画配信期間2020年131日(金)~227日(木)予定

2020年2月17日
『カープ沖縄キャンプ練習試合振り返り』

カープ最新情報

2020年2月17日 『カープ沖縄キャンプ練習試合振り返り』

沖縄でキャンプ中のカープは、この土日に同じセリーグチームとの練習試合にのぞみました。 一軍生き残りを賭けた選手たち!熱いアピール合戦となりました。

おとといの阪神戦、佐々岡監督は相手の先発が左投手ということで右打者6人を並べ競わせます。
結果を出したのは、このキャンプ好調の髙橋大樹でした。4回、外角の変化球を捉えます。積極的な姿勢だけでなく技術の高さも光るホームランで存在感を見せます。

さらに、2番ファーストの堂林。4回のピッチャー返しの鋭い打球は、今、目指す、理想の形。その直後(4回ウラ)には、難しいバウンドをさばき併殺を完成させるなど、猛アピールに成功です。
投げてはアドゥワ誠、フォームを改良しMAX145キロとボールが走ります。
先発投手としてこだわるテンポなどには課題が残りましたが、3回を無失点。ローテーション入りへ一歩前進です。

きのうの中日戦は、雨と強風の大荒れのコンディションの中、打線が活発なところを見せます。
1回、西川が完ぺきなスイングで2試合連続のホームラン。スイングの鋭さや反応は群を抜き、早くも3番打者として死角は見当たりません。

●西川龍馬
「他の外野手が結果を出しているので自分もやってやるぞの思いでした」

さらに、この日は、内野争いに火花が散ります。
4回ファーストでスタメンの安部が、甘い球を完ぺきにとらえスタンドに運ぶと・・。
5回は、途中出場の上本。

もはや、ユーティリィティでは終わりません。
豪快な一発でバットでも存在感を見せます。
この日のカープは5ホーマー13得点。
猛打爆発の2連勝で、明らかに野手のポジション争いが激しくなっています。

バックナンバー